原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鋼貿易 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> February, 2005 >> 24 (Thu)
◇1月鉄鋼輸出、前年比14.5%減の252万トン
財務省は23日、2005年1月の鉄鋼輸出入実績(速報)を発表した。これによれば、1月の鉄鋼輸出数量は251.7万トンで前年同月比14.5%減、前月比でも16.6%の減少となっている。金額は前月比では数量減から円ベースで17.2%減であるが、前年同月比では値上がりが反映、21.6%増となっている。

輸出を地域・国別でみるとアジア地域向けは213.6万トンで前年同月比11.8%減、うち中国向けが47.7万トンと同14.4%減、アジアNIEs向けも100.3万トンで同16.9%減、アセアン向けも64.2万トンで同0.5%減といずれの向け先も減少している。米国向けも8.0万トンで同39.9%の減少。中東向けも7.4万トンで同24.8%減などとなっている。これに対してEU向けは2.8万トンで同61.2%の増加。

一方、1月の輸入は78.0万トンと昨年11月来、3ヶ月連続70万トン台を維持、前年同月比43.8%増、前月比でも11.9%増となっている。地域・国別でみると中国からの入着が27.8万トンと前年同月比3倍増と急増、アジアNIEsからも35.2万トンと同13.6%増などと増加しているのが目立つ。アセアンからの入着は0.5トンで同51.0%減であった。

なお、中国の1月の輸出入実績は日本鉄鋼連盟によれば、鋼材輸入量が192万トン、半製品輸入量10万トンで鉄鋼輸入合計は202万トン、これに対して鉄鋼輸出は鋼材が149万トン、半製品が56万トンの鉄鋼合計205万トンとなり、1月も輸出が輸入を上回っている。
data image
last modified : Tue 01 Mar, 2005 [10:27]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.