原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> July, 2005 >> 07 (Thu)
◇バラ積み不定期船市況は横ばい推移
[ケープ・サイズ船]

<ブラジル→東アジア>
◆香港のトランスフィールド社はQUORN号(179,869DWT)をタイムチャーターした。同船の引き渡しをケープ・パッセロ(イタリア)、返船をブラジル経由東アジアとするもので1日の用船料は48,000ドル。6月30日に用船した。

<西豪州→中国>
◆BHPビリトン社はCAPE・MARS号(175,775DWT)をタイムチャーターした。同船の引き渡しを青島、返船を西豪州経由中国とするもので、1日の用船料は24,000ドル。7月12−15日に用船を開始する。

<ブラジル→東アジア>
◆トランスフィールド社はCONSTANTIA号(171,039DWT)をタイムチャーターした。同船の引き渡しをケープ・パッセロ、返船をブラジル経由東アジアとするもので、1日の用船料は48,000ドル。7月10−15日に用船を開始する。

<ブラジル→東アジア>
◆新和海運はKWK・EXEMPLAR号(169,624DWT)をタイムチャーターした。同船の引き渡しをロッテルダム、返船をブラジル経由東アジアとするもので、1日の用船料は48,000ドル。7月15-20日に用船を開始する。

<ブラジル→中国>
◆中国のパイオニア・メタルス社はERIDGE号(122,792DWT)をタイムチャーターした。同船の引き渡しを大分、返船をブラジル経由中国とするもので、1日の用船料は20,000ドル。6月25日に用船した。


[パナマックス船]

<ベネズエラ→イタリア>
◆イタリアの製鉄会社ILVAはベネズエラのマラカイボで石炭5.5万トンを船積みするEPOS・BREEZE号をタラント向けにトン当たり18.50ドル(1日の港湾荷役積み25,000トン/揚げ30,000トン)で決めた。7月15−24日に用船を開始する。
data image
( 佐藤 )
last modified : Tue 12 Jul, 2005 [13:46]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.