原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> July, 2005 >> 11 (Mon)
◇「貯友のすすめ」−−−、田中克重・七洋会会長
◆「早寝早起きをし、食事のバランスを考えて三度の食事をキチンと摂り、医者の言うことをよく聞くなど、そういう生活をしていると生きる目標を失う。これを本末転倒老人というそうです」(笑)───、製鉄、商社、海運の製鉄原料OBの親睦団体「七洋会」の懇親会が7日、鉄鋼会館で催され、この席上、田中克重・七洋会会長が、「本末転倒老人」と題してこんな話を紹介した。
歌人で医者でもあった斎籐茂吉のご長男である精神科医の斎籐茂太氏から聞いた話だそうだ。
話は「本末転倒老人は生きるために生きることになる。物理的に長生きするかもしれないが、ボケを促進するそうです。ボケを防ぐには貯友だと。その点、七洋会では古い仲間に会えて大変楽しい。と同時にボケ防止の貯友です」と、笑いを誘った。
この日、新たに新日本製鉄の米澤敏夫氏、兵頭義雄氏、丸紅の大林啓二氏、住友金属の玉越靖彦氏の入会が報告され、この結果、国内会員248名、海外会員33名の総勢281名となった。
last modified : Thu 14 Jul, 2005 [10:58]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.