原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> July, 2005 >> 21 (Thu)
◇バラ積み不定期船市況は弱含み推移
=パナマックス、ハンディ船は引き続き弱い
[ケープサイズ船]

<ブラジル→オランダ>
◆ドイツのティッセン・クルップ・シュタール社はブラジルのツバロンで鉄鉱石17万トンを船積みする平隆丸をロッテルダム向けにトン当たり10.90ドル(港湾荷役積み揚げ通算6日間)で決めた。7月20−30日に用船を開始する。

<ブラジル→中国>
◆中国の江蘇沙鋼はブラジルのガイーバ・アイランドで鉄鉱石13万トンを船積みするMATRIX号を中国・日照港向けにトン当たり23.10ドル(一日の港湾荷役積みスケールロード/揚げ25,000トン)で決めた。8月1−10日に用船を開始する。

<南アフリカ→オランダ>
◆スイス・マリーン社は南ア・リチャーズベイで石炭15万トンを船積みするCASTILLO・DE・SIMANCAS号をロッテルダム向けにトン当たり10.50ドル(同スケールロード/25,000トン)で決めた。8月10−25日に用船を開始する。

<台湾→東アジア>
◆BHPビリトン社はCHINA・STEEL・GROWTH号(175,775DWT)をタイムチャーターした。同船の引き渡しを台湾・高雄、返船は東アジア。2航海する。1日の用船料は30,000ドル。7月27−29日に用船を開始する。

<西豪州→中国>
◆中国のノース・チャイナ・シッピング社はNETADOLA号(149,475DWT)をタイムチャーターした。同船の引き渡しを中国・南通、返船を西豪州経由中国とするもので、1日の用船料は21,500ドル。7月30日−8月2日に用船を開始する。
data image
( 佐藤 )
last modified : Tue 26 Jul, 2005 [10:48]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.