原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> July, 2005 >> 26 (Tue)
◇大西洋水域は割安なパナマックス船の用船増える
=パナマックスのブラジル鉱7万トン積み台湾向けが19ドル
バラ積み不定期船市況が下降線をたどって3ヶ月前後、経過した。船型ではパナマックスの下落が大きく、これを好感してこのところ割安なパナマックス船の輸送引き合いが増えている。とくに大西洋海域ではパナマックスによる鉄鋼原料輸送が増大。ケープ船市況がこのあおりを受けそうな雲行きだ。


[ケープ・サイズ船]

<西豪州→中国>
◆韓国のSTXパン・オーシャン社は船主川崎汽船のTBN(船名未定)をタイムチャーターした。同船(171,000DWT)の引き渡しを中国、返船を西豪州経由中国とするもので、1日の用船料は22,000ドル。8月1−5日に用船を開始する。


[パナマックス船]

<ベネズエラ→オランダ・ベルギー>
◆イタリアのコエクレリッチ社はベネズエラのプエルト・オルダス、ボカ・グランデで鉄鉱石7万トンを船積みするTBN(船名未定)をオランダのTERNEUZEN、ベルギーのゲント向けにトン当たり12.75ドル(1日の港湾荷役積み2日間・40,000トン/揚げ3日間)で決めた。8月2−11日に用船を開始する。

<ブラジル→英国>
◆英蘭コーラスはブラジルのポンタ・ド・ウブで鉄鉱石7万トンを船積みするTBNを英国のポート・タルボット向けにトン当たり11.75ドル(同積み揚げ通算5日間)で決めた。8月5−12日に用船を開始する。

<ブラジル→台湾>
◆台湾の中国鋼鉄はブラジルのツバロンで鉄鉱石7万トンを船積みするTBNを高雄向けにトン当たり19ドル(同40,000トン/38,000トン)で決めた。8月15−30日に用船を開始する。

<ノルウェー→オランダ>
◆英蘭コーラスはノルウェーのナルビックで鉄鉱石7万トンを船積みするBAHIA 号をオランダのアイムイデン向けにトン当たり5.25ドル(同積み揚げ通算5日間)で決めた。7月28−8月2日に用船を開始する。

<米国→英国>
◆コーラスは米国のハンプトン・ローズ(ニューポート・ニューズ、ポーツマス、ノーフォーク)で石炭7万トンを船積みするRED・NACRE号をレッドカー向けにトン当たり10ドル(同積み揚げ通算5日間)で決めた。7月28−8月2日に用船を開始する。

<米国→イタリア>
◆DETULEMAR社は米国ノーフォークで石炭6万トンを船積みするTBNをイタリアのトリエステ向けにトン当たり12.50ドル(同積み揚げ通算7日間)で決めた。8月5−12 日に用船を開始する。

<ウクライナ→中国>
◆アルバトロス社はウクライナのユージュヌイ(YUZHNY)で石炭7万トンを船積みするCUMBRIA号を中国向けにトン当たり22ドル(同10,000トン/10,000トン)で決めた。8月4−7日に用船を開始する。
( 佐藤 )
last modified : Fri 29 Jul, 2005 [10:57]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.