原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鋼一般 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> August, 2007 >> 01 (Wed)
◇JFES、広州のGJSSに冷延導入で調印
JFEスチールは31日、中国の広州鋼鉄企業集団有限公司と合弁の広州JFE鋼板有限公司(GJSS)をさらに発展させるために冷延鋼板設備、連続焼鈍設備それにNO.2溶融亜鉛鍍金設備を建設することで合弁契約書を締結、調印式を現地で行ったことを明らかにした。今年3月9日、JFEスチールは広州鋼鉄と今後とも増加が見込まれる自動車・家電を中心とする高級鋼への需要増加に応えるためにこれらの建設を行うことで合意しており、6月22日には中国国家発展改革委員会の批准を取得したことから調印式を現地で執り行ったもの。

新規に建設する設備は(1)冷間連続圧延機(年産180万トン)、(2)連続焼鈍設備(CAL、100万トン)、(3)NO.2溶融亜鉛鍍金設備(40万トン)−で、2010年中の生産開始を目指す。冷延プロジェクトへの追加投資額は約820百万USドルである。
last modified : Mon 06 Aug, 2007 [10:52]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.