原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鋼一般 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> November, 2007 >> 06 (Tue)
◇住友金属鹿島、ダスト再資源化設備を増設
住友金属と鹿島選鉱は5日、ダスト再資源化用のロータリーキルンの建設を決定したと発表した。「RC資源循環炉」と呼ばれるもので、今回の建設により鹿島製鉄所のRC資源循環炉は2基となる。これにより、両社は産業廃棄物ダスト再資源化事業を拡大する。

増設するRC資源循環炉のダスト処理能力は年間20万トン。還元鉄製造能力は11万トン/年で、亜鉛回収能力は5,500トン/年。投資額は約60億円。

建設場所は住友金属鹿島製鉄所内の鹿島選鉱メタルサークルカシマ工場で、今日11月6日に起工式を行い、2009年6月の稼動を目指す。
last modified : Fri 09 Nov, 2007 [11:39]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.