原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鋼一般 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> August, 2009 >> 10 (Mon)
◇H形鋼在庫7月末は3.6%増の21.65万トン
=内外原料、海外H形鋼市況の上伸で国内仮需の発生を警戒
新日本製鉄が7日に発表した7月末のH形鋼流通在庫速報によると合計で21.65万トンとなり、前月末に比べ7500トン(3.6%)増加した。4月末の20.59万トンを底に3ヶ月連続して増えた。荷動きに回復傾向がみられるものの、メーカーの減産緩和で特約店への入庫が増え、結果的に在庫が増加した。

同社では今後、仮需の発生を警戒する。鉄スクラップ市況が国内外で上伸、これを下支えに海外ではH形鋼市況が上昇している。国内市況でも市況の底値が取りざたされ、先行きの需要増を見越した二次店、三次店段階の流通業者による在庫積み増しを警戒する。日本国内はH形鋼の実需レベルが依然として低く、「目先の動きにとらわれず、実直な販売を行なうべきだ」などとしている。
data image
last modified : Mon 17 Aug, 2009 [13:08]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.