原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> November, 2009 >> 20 (Fri)
◇クロスランド社、ジャックヒルズの年産目標を25-35百万トン
=西豪州ミッドウェストで展開中の鉄鉱石プロジェクト
豪州の鉱物探鉱会社であるマーチソン・メタルズ社は、同社と三菱デベロップメント社(三菱商事の豪州法人)の折半のJV開発会社、クロスランド社が開発を推進しているジャック・ヒルズ鉄鉱床の鉄鉱石年産目標について2500万トンから3500万トンの間を検討していることを明らかにした。同社が18日に発表した。

クロスランド社による直近の計画内容は、(1)ジャックヒルズ鉄鉱床は西豪州ミッドウェスト地区に所在し、クロスランド社は今回、拡張によって年産目標を2500万トンから3500万トンの間に置き、成品はDSO(直接船積み可能な鉄鉱石)、ヘマタイト系焼結用原料、マグネタイト・コンクの成品構成となる、(2)初期年産量はDSOで最大1000万トン、(3)製鉄会社によるサンプルのテスト結果は良好なもので、ジャック・ヒルズの成品(鉄鉱石)は超低アルミナ・燐で海外市場における高い競争力を得ることが分かった。また、プロジェクトは長期にわたってキャッシュフロー、経済的価値をもたらものであるとしている。
last modified : Thu 26 Nov, 2009 [10:04]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.