原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> November, 2009 >> 26 (Thu)
◇エクストラータ社がコンゴの鉄鉱石プロジェクトに参画
=探鉱・事業化予備調査に最低5000万ドルを資金調達
スイス企業のエクストラータ社は23日、コンゴ共和国のザナガ鉄鉱石プロジェクトの開発を推進することでジュメル社(Jumelles)と合意したと発表した。エクストラータ社は探鉱費と事業化予備調査に最低5000万ドルの資金調達を行う。この見返りとしてプロジェクト・オーナーであるジュメル社の株式50%+1株を取得するオプション権を保有することとなる。

また、今回の合意でエクストラータ社がオプション権を行使し、事業化予備調査費と関連費の資金調達を行なった場合、FS完了後にプロジェクト権益100%を取得できる権利を留保している。

プロジェクトの対象区域は大西洋に面した港湾都市ポワント・ノワールから北東約300kmに位置するレクム地区。エクストラータ社によると最近行った推定調査結果では世界クラスの鉄鉱石操業地になる可能性があるとしている。

プロジェクトを率いるのはコリン・ハリス氏で、同氏はリオ・ティント社でプロジェクト・ダイレクターとしてギニアのシマンドゥ・プロジェクト(鉄鉱石)を推進していた。
last modified : Tue 01 Dec, 2009 [10:25]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.