原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> January, 2011 >> 11 (Tue)
◇南豪州政府、シープヒル港整備を重要プロジェクトと認定
南豪州エア半島に整備を計画しているシープヒル港について南豪州政府は港湾整備を重要プロジェクトとして認定したと宣言、今後、プロジェクト評価に関するガイドラインを策定する。今回の州政府の宣言によってシープヒルは港湾整備の環境が整い、具体化に向け大きく前進することになりそうだ。後背地で鉄鉱石開発計画を推進しているセントレックス・メタルズ社は6日、これを歓迎するとの声明を出した。

シープヒルはエア半島東岸タンビイ湾の北東26kmに位置し、セントレックス・メタルズ社はここに91ヘクタールの用地を確保し、中国の武漢鋼鉄と折半出資のJV方式で大水深港の設計・建設を進めることで覚書を締結している。

両社はシープヒルに近いエア半島南部のマグネタイト鉄鉱床を探鉱・開発する目的で武鋼60%、セントレックス40%の割合でエア・アイアンJVを設立している。
last modified : Fri 14 Jan, 2011 [10:47]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.