原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> January, 2011 >> 17 (Mon)
◇舟山港務集団が武鋼本社を訪問
中国の大手製鉄会社である武鋼集団が14日明らかにしたところによると浙江省舟山群島の舟山に型ケープ船の受け入れバースなどを備えたオア・センター「舟山武港プロジェクト」建設を進めているが、舟山港務集団菫事長を初めとする一行が武鋼本社を訪れた。

舟山港務集団によると舟山港は昨年2.2億トンの貨物を取り扱ったが、この大部分が武鋼集団向けであったこと、また、第12次5ヵ年計画(2011-2015年)末までには扱い能力は現在の倍以上に伸びるとしている。

武鋼集団は寧波沖合いの舟山に寧波港集団、浙江和潤実業集団と合弁会社「浙江舟山武港埠頭会社」を設立し、現在、大規模な鉄鉱石積み替えターミナル、「舟山武港」を建設している。

プロジェクトの概要は25万DWT兼30万DWTの受け入れバース1基と、5万DWT(1基)、1万DWT(2基)の船舶積み替えバース計3基、作業船バース1基、貯鉱ヤードを建設する。荷役能力は受け入れ、積み替えで年間3000万トンを予定している。同埠頭は、武鋼が豪州(西豪州、南豪州)、ブラジル、カナダ、リベリアに権益を保有する鉄鉱石の一大受け入れ基地となる。
last modified : Thu 20 Jan, 2011 [10:38]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.