原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> January, 2011 >> 20 (Thu)
◇アドリアナ社のプロジェクトに武鋼集団が参加
=ケベック州ラック・オテルナック鉄鉱石プロジェクトを推進
カナダの鉄鉱石資源企業であるアドリアナ・リソーシズ社は中国・武鋼集団の武鋼国際資源開発投資会社と拘束力のあるフレームワーク協定を締結した。アドリアナ社が17日つけで発表した。両社はケベック州ラック・オテルナック鉄鉱石プロジェクトの開発、建設、操業を推進するJV会社を設立し、武鋼は60%出資する。武鋼はまた、アドリアナ社が実施する第三者割当増資を引き受け、アドリアナ社の発行済み株式19.9%を保有する。

武鋼は権益取得対価として1.2億カナダドル(約100億円、1Cドル=83.1円で算出)をアドリアナ社に支払う。フレームワーク協定に従って武鋼は最終事業化調査結果で少なくとも資本コストの70%の調達を行なう。フレームワーク協定はJV企業の設立最終合意まで60日間の日程を設定している。

武鋼は製鉄資源権益の獲得に最も積極的な1社で、これまでに鉄鉱石関係ではブルームレイク鉄鉱山(カナダ)、ジンブルバ鉄鉱山(西豪州)、サウス/サザンセントラル鉄鉱床(南豪州)、MMXスデステ・システム(ブラジル)、ボン鉄鉱山(リベリア)の開発を推進している。
last modified : Tue 25 Jan, 2011 [09:59]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.