原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> January, 2011 >> 24 (Mon)
◇レジェント・パシフィック、BCアイアンの株式公開買付け
=レジェントは香港の鉱産物資源投資会社
豪州の鉄鉱石生産・探鉱会社であるBCアイアン社(BCI)は21日、レジェント・パシフィック社からの株式公開買い付け案を受け、これを受け入れると発表した。レジェント社の買い付け価格はBCI社1株当たり3.3豪ドル、総額3.45億豪ドル(約282億円、1豪ドル=81.75円で算出)で政府関係機関の許認可手続きなどを経て今年5月に完了を予定している。

公開買い付けに先立ち同社とBCIはスキーム実行協定(スキーム完了は5月)を結び、これに従って買い付けを進める。レジェント社は既にBCI社株の19.9%を保有する株主で、買収によって現行事業の継続・発展を推進したいとしている。

BCIはFMG社と西豪州ピルバラでナラジャイン鉄鉱石プロジェクトを推進するJVを各50%ずつの出資で設立。採掘・加工した鉄鉱石は同鉄鉱山から50km南方に位置するFMGのクリスマス・クリークにあるインフラ施設を利用し、ポートヘッドランドから海外に輸出することになっている。同鉄鉱山は2010年11月に採掘を開始、生産目標は2013年までに年間500万トンとし、今年6月までに100万トン輸出する計画だ。

鉱物資源量は1億160万トン(含有鉄分平均54%)、鉱石埋蔵量3560万トン(同57%)。今後の探鉱調査で増加する可能性がある。

一方、レジェント・パシフィック社はケイマン諸島の法律に従って設立された香港上場の投資会社で、ドイツ・フランクフルト市場へも上場している。中国内モンゴル、雲南省で銅・石炭鉱山事業に投資している。
last modified : Thu 27 Jan, 2011 [10:29]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.