原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鋼一般 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> July, 2011 >> 28 (Thu)
◇米国USS、AKともに第2四半期は業績改善
=米国市場は需要増で販売価格も上昇
米国のUSスチール、AKスチール・ホールディングス社の2011年第2四半期(4-6月期)の操業実績鋼材販売は数量、価格ともに大幅な改善をみせ、USスチールは四半期ベースでは2008年10-12月期以来10期ぶりに最終黒字化を果たし、AKスチールは2期連続で黒字を計上した。第2四半期純利益はUSスチールが2.22億ドル、AKスチールが3240万ドルだった。

USスチールのジョン・Pサーマ会長兼CEOは「鋼材価格高と安定した原材料価格を背景に米国の操業実績は1-3月期に比べ大幅に改善した。半面、欧州部門の業績は低出荷、低操業率、原材料価格高を反映してやや下降したが、一部は鋼材価格高で相殺された。パイプ部門は前期並みの業績だった」などと語った。
data image
last modified : Tue 02 Aug, 2011 [10:34]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.