原料・鉄鋼貿易版 Topics < 合金鉄 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> January, 2012 >> 19 (Thu)
◇9年振り西豪州でバナジウム生産へ
=ウインドミラ−・V工場、FeV生産
西豪州で9年振りにバナジウムの生産活動が本格化する。2002年12月に一度は生産を中止したウンドミラ−・バナジウム工場(Windimurra)が装いを新たに生産を再開するもの。今回はフェロバナジウムの生産となる。

2002年当時は5酸化バナジウムの生産を年産17百万ポンドの規模で行っていた。2013年1−3月期までにフル生産を目標としている新装なったウンドミラ−・バナジウム工場でのフェロバナジウムはバナジウム純分で年間6,300トン生産する。

新オ−ナ−はAtlantic社で新たに生産されるフェロバナジウムはグラッドストン港から2012年1月に出荷される予定である。

バナジウムの供給ソ−スは中国、南アフリカ、ロシアと限定されており、新たなる供給ソ−スが増える。西豪州が生産を開始した2001−2002年はバナジウムの相場が最低を記録した時期であった。5酸化バナジウムの当時の相場はポンド当たり3.0−3.5ドルと低水準であった。このため豪州、南アフリカなどで生産者の操業停止が相次いだ。ウインドミラ−・バナジウム工場もその一連の停止工場に含まれている。

ただ、バナジウムの2011年相場はフェロバナジウム、キロ当たり23−30ドルと現在は比較的、高値を維持している。
( 斉藤 )
last modified : Tue 24 Jan, 2012 [10:44]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.