原料・鉄鋼貿易版 Topics < その他 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> January, 2013 >> 16 (Wed)
◇住友金属鉱山、住商がモレンシー銅鉱山拡張に参画
住友金属鉱山と住友商事は15日、米国最大手の産銅会社フリーポート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールド社が経営するモレンシー銅鉱山(米国アリゾナ州)に権益15%を保有しているが、同鉱山の年間生産量を28万トンから40万トンへ増産する拡張プロジェクトに参画することを決定したと発表した。

両社は、1986年からフリーポート社(当時フェルプスドッジ社)が経営しているモレンシー銅鉱山に、スミトモ・メタル・マイニング・アリゾナ社を通じて権益比率15%(住友金属鉱山と住友商事の出資割合は8対2)で経営参画している。

増産プロジェクトに関する費用は総額約1,700百万米ドルで、このうち両社の負担は、権益比率15%相当分の約260百万ドル。増産工事の完成は2014年第2四半期、フル生産開始は2014年第3四半期を予定している。本プロジェクト参画により、両社は権益見合い分として銅生産持分が約1万8千トン/年増加して約6万トン/年になる。なお、モレンシー銅鉱山の生産品目は銅精鉱、電気銅、モリブデン。
last modified : Mon 21 Jan, 2013 [13:44]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.