原料・鉄鋼貿易版 Topics < その他 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> October, 2016 >> 18 (Tue)
◇ロスネフト、トラフィギュラがエッサールオイルを買収合意
=16日のBRICSサミットで取引額109億ドル
インドのコングロマリットであるエッサール社は16日、エッサールオイルの98%をロシアのロスネフト社とトラフュギュラ社率いるコンソーシアムに売却することで三者間で合意したと発表した。エッサールの石油精製設備とインド国内の小売網資産で、取引額は109億ドル。

取引はインドのゴア州で16日に開催されたBRICSサミットの場で、インドのモディ首相、ロシアのプーチン大統領が列席する中で発表された。

エッサール・オイル(EOL)の経営支配会社であるエッサール・エナジー・ホールディング社はロスネフトの子会社であるペトロールコンプレックス社に49%、トラフィギュラ社率いるコンソーシアムが保有するケサニ・エンタープライズ社に残り49%を、それぞれ分けて売却する。

また、世界クラスの輸出入荷役設備を持つヴァディナール港の取得に20億ドルが支払われるという。

取引の対象となった資産はグジャラート州にある能力2000万トンのリファイナリーと、インド国内の販売網が含まれる。

ロスネフトは世界最大の石油会社の1社で、売上高は800億ドル超。探鉱・生産、精製、マーケティング活動をロシア、北米、ラテン・アメリカ、アジア、中東で展開している。一方のトラフィギュラ社は売上高約1000億ドルを稼ぐ世界最大の商品取引、ロジスティックス事業会社。
last modified : Mon 24 Oct, 2016 [10:03]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.