原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> January, 2017 >> 18 (Wed)
◇主要鉄鉱石輸出国の輸出は引き続き増加傾向
=鉄鉱石主要輸出国の月別輸出推移
鉄鉱石の主要輸出8カ国による2016年月別輸出推移(本紙まとめ)をたどると南アフリカとロシアの2カ国を除き、6カ国で前年同期を上回った。

輸出の伸び率が最も大きいのはインドで1-9月間に1176.5万トンが出荷され、前年同期を3.5倍上回った。ペレット(2016年1月)、含有鉄分58%未満の低品位鉱(同年3月)の輸出税撤廃が奏功した格好だ。
次いでマレーシアはヴァーレ社の物流拠点設置で、輸出が増えた。アジアの製鉄国にとってブラジルは遠距離ソースとなるが、同国に物流拠点を設置することによってアジアの製鉄各国の需要に対して機動的な対応を可能とした。

また、豪州鉱の輸出は引き続き増加した。前年同期と比べた増加率は5.0%ながら豪州の鉄鉱石輸出量は1-11月間に3492万トン増加し、増加量では輸出国中、最多となった。
data image
last modified : Tue 24 Jan, 2017 [09:32]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.