原料・鉄鋼貿易版 Topics < 合金鉄 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> May, 2017 >> 24 (Wed)
◇2017年2月のステンレス鋼材生産は232,919トン
=前月比3%減、Cr系減産が影響
経済産業省は2017年2月におけるステンレス鋼材(熱間圧延材)の生産量を232,919トンと発表した。これは前月比2.8%の減少であり、前年同月比では0.6%の減少となる。

内訳は、◇クロム系が108,555トン(Cr系:86,146トン、Cr-Mo系:22,409トン)で前月比11.9%減、◇ニッケル系が124,364トン(Cr-Mn系:1,074トン、Ni-Cr系:97,598トン、Ni-Cr-Mo系:25,692トン)で同6.8%増――になっている。Cr系の減産が大きく影響した。

その他特殊用途鋼は6,538トンと前月比5.5%増、前年同月比は28.5%減だった。

一方、ステンレス鋼ミルの2月末在庫量は、◇ステンレス鋼材:112,660トン(前月比8.5%減)、◇その他特殊用途鋼:3,814トン(同6.9%増)――だった。

各鋼種の生産量と月末在庫量の詳細は別表の通り。
data image
( T.斉藤 )
last modified : Tue 30 May, 2017 [09:26]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.