原料・鉄鋼貿易版 Topics < 合金鉄 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> May, 2017 >> 30 (Tue)
◇中国国内の金属マンガン価格、再び下落
=6月は供給過多の予想から先安感強い状態
5月29日現在、中国国内市場の電解金属マンガンは中心価格がトン当たり12,350-12,450元と前月末に比べ550-650元下落した。輸出向けFOBはトン当たり1,888-1,898米ドルで、前月末に比べ127ドル下落している。

4月24日から5月24日まで中国環境保護部が7省市で査察を実施しており、貴州省や湖南省などの電解金属マンガン生産者が操業を休止していたが、他に地区で大手生産者が増産したことにより、5月中の供給がタイト化することはなかった。

一方、6月からは生産者の操業回復による供給量の増加や、一部地域で安価な豊水期電力料金が適用開始になることなど値下げ材料が多く、市場は先安感が強い状態にある。

また、環境保護部が次の査察対象として北京市、天津市、河北省とその周辺部を予定している様子であり、金属マンガンや合金鉄について需要にマイナスが生じる可能性も浮上している。
( T.斉藤 )
last modified : Mon 05 Jun, 2017 [09:57]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.