原料・鉄鋼貿易版 Topics < その他 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> October, 2019 >> 04 (Fri)
◇双日、ブラジル・フラージ油田権益を売却へ
=プロジェクト・パートナーのペトロリオ社に売却
双日は3日、国際石油開発帝石、石油天然ガス・金属鉱物資源機構と共同で設立したインペックス北カンポス沖石油を通じて保有するブラジルのフラージ油田の権益を全てプロジェクトパートナーであるペトロリオ(PetroRio)社に売却すると発表した。

フラージ油田はブラジルのリオデジャネイロ市北東370キロメートル海上に位置する油田で、双日は、1999年に同油田の開発に参画、2009年より生産を開始したが、その後、同油田の生産性の低下や油価の下落など、事業環境の変化に伴い、採算性の向上が見込めなくなったこと、また、エネルギー分野で、上流から中下流への事業展開を目指す方針に沿って、今回、売却することとになった。双日は、引き続き事業資産のポートフォリオの最適化を目指すとしている。
last modified : Thu 10 Oct, 2019 [10:20]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.