原料・鉄鋼貿易版 Topics < その他 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> February, 2020 >> 19 (Wed)
◇丸紅、CO2回収技術保有の英CCSL社に出資
=化学吸収法で高効率、低価格でCO2回収
丸紅は18日、火力発電所及び産業プラントなどで発生する排ガスからCO2を回収する技術を有する英国のカーボン・クリーン・ソリューションズ(Carbon Clean Solutions Ltd.=CCSL社)に出資したと発表した。この出資を通じて、CO2の回収・有効利用/再資源化(Carbon Capture, Utilization=CCU、二酸化炭素回収有効利用技術)事業の共同開発に取り組む。

CCSL社は、CO2の分離・回収技術の一つである化学吸収法にて使用される新規回収溶剤を自社開発し、従来の回収溶剤より高効率・低価格でのCO2回収を可能とする技術を有しており、現時点で商業化されているCO2回収技術の中で世界最高水準のコスト競争力を実現。また、さらなるコスト削減を実現する次世代技術の開発にも着手している。

地球温暖化を背景とした気候変動対策の重要性が世界的に高まる中、温室効果ガスの削減は喫緊の課題となっている。このような状況下で、製鉄所、セメント工場、石油化学工場、廃棄物焼却炉などの産業プラントからの発生が避けられないCO2を回収し、さらに有効利用/再資源化することで大気中へのCO2排出を抑制するCCU事業は、CO2を回収・貯蔵する事業と共に、地球温暖化対策の重要な選択肢の一つと期待されている。
last modified : Thu 05 Mar, 2020 [10:30]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.