原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> May, 2020 >> 08 (Fri)
◇USS、ステルコに鉄鉱山権益25%のオプション権付与
=オプション権は1億ドル、持ち分取得総額は6億ドル
USスチールはミネソタ州北部のメサビ鉄鉱山で事業を行うミンタック社の25%をカナダの高炉一貫製鉄会社ステルコ社に売却するオプション権を付与した。同社が今月1日付け決算短信の中で明らかにしたもので、資産の総額は6億ドルで、オプション行使権は1億ドル。両社の合意によるとステルコ社の支払いは合意時にまず2,000万ドル、残り8,000万ドルは年内中となっている。

この取引が完了した段階で、ステルコ社は2027年1月31日までの期間であればいつでもオプション権を行使することができる。オプション権行使時に、ステルコ社は5億ドルの追加支払いを行い、持分25%を取得する。

今回の取引でUSスチール社は引き続き事業を運営し、マジョリティを継続することが保証され、ミンタックの事業価値が24億ドルであることとなる。

USスチール社のデイビッド・ブリット最高経営責任者は、「昨年10月にビッグ・リバー・スチール社(電炉製鋼圧延会社)の49.9%を取得と当社の鉄鉱石事業から増分価値を引き出すという目標を発表した。本日の発表は、戦略の継続的な実行を実証するものだ」などとしている。

なお、ミンタックのペレット年産能力は1,430万トン。鉄鉱石埋蔵量は4.64億トン(2018年)とされる。
last modified : Fri 22 May, 2020 [15:04]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.