原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> May, 2020 >> 15 (Fri)
◇ばら積み不定期船市況は小幅下押し
=西豪州鉄鉱石17万トン積み中国向け船がトン3.55ドル
[ケープサイズ船]
<西豪州→中国>

◆リオ・ティント社は西豪州のダンピアで鉄鉱石17万トンを船積みするTBN(船名未定)を中国の青島向けにトン当たり3.55ドル(1日の港湾荷役積み90,000トン/揚げ30,000トン)で決めた。5月末に用船を開始する。

<ノルウェー→オランダ>
◆穀物企業カーギル社はノルウェーのナルビックで鉄鉱石16万トンを船積みする船主BERGE社のTBNをオランダのエイマイデン、英国のポートタルボットのいずれか1港向けにトン当たり2.20ドル(同7日)で決めた。5月18-27日に用船を開始する。

<西豪州→東アジア>
◆ファイブオーシャン社はSEALINK号(180,116DWT、2010年)をタイムチャーターした。同船の引き渡しを中国の魚魚友圏、返船を西豪州経由東アジアとするもので、1日の用船料は3,000ドル。5月12日に用船を開始した。

[オーバー・パナマックス型船]
<インドネシア→フィリピン>

◆ダミコ(D'Amico)社はSTAR・SUZANNA号(81,711DWT、2013年建造)をタイムチャーターした。同船の引き渡しを中国の新沙、返船をインドネシア経由フィリピンとするもので、1日の用船料は5,750ドル。5月11日に用船開始した。同船の貨物は石炭。

<ギニア→ドイツ>
◆ドイツ船社オルデンドルフ社はYANGTZE・XING・ZHONG号(81,622DWT、2012年建造)をタイムチャーターした。同船の引き渡しをギニアのカムサール、返船をドイツのシュターデとするもので、1日の用船料は3,250ドル。5月22-28日に用船を開始する。同船の貨物はボーキサイト。

[パナマックス型船]
<カナダ→フランス>

◆川崎汽船はカナダのセブン・アイランドで鉄鉱石7.5万トンを船積みする船主ノルデン社のTBNをフランスのダンケルク向けにトン当たり4.80ドル(港湾荷役積み揚げ通算5日)で決めた。6月1-10日に用船を開始する。

<ラトビア→オランダ>
◆タタ・スチール社の原料調達会社であるTSグローバル・プロキュアメント社はラトビアのリガで石炭7.5万トンを船積みするTBNをエイマイデン向けにトン当たり3.90ドル(同5日)で決めた。5月20-24日に用船を開始する。

[スープラマックス船]
<ベトナム→中国>

◆用船者不明は期近でJIA・MAO・SHAN号(56,623DWT、2011年建造)をタイムチャーターした。同船の引き渡しをベトナムのカムファ、返船を中国とするもので、1日の用船料は7,000ドル。同船の貨物は石灰石。
last modified : Fri 29 May, 2020 [12:28]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.