原料・鉄鋼貿易版 Topics < 冷鉄源 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> October, 2020 >> 14 (Wed)
◇東国製鋼、H2を26,500円(FOB)で調達
=前回成約比500円安
韓国電炉メーカー大手の東国製鋼は13日、日本産スクラップを安値調達した。成約価格はH2ベーストン当たり26,500円(FOB)水準で、同社の秋夕前の調達価格と比べて500円低い。CFR契約価格は28,500円程度とみられる。成約数量は6,000トン規模で、積み期は11月〜12月となる。

9日に行われた関東鉄源協同組合の入札では落札平均価格がH2ベーストン当たり28,406円(FAS)とFOB換算29,500円相当を付けており、それを大幅に下回る水準で出会いが付いた形となる。14日以降、現代製鉄や大韓製鋼も日本産スクラップに対して新たな指値を提示するものとみられ、今回の成約価格はそれらに影響を与えそうだ。
last modified : Fri 30 Oct, 2020 [11:02]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.