原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鋼 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> February, 2021 >> 04 (Thu)
◇鞍山鋼鉄、国内向け3月積み価格NO除き据え置く
関係筋が得た情報によれば、中国の鞍山鋼鉄は2日夕、国内向け3月積み鋼材価格を各需要家に通知した模様。現段階で伝えられているところでは無方向性電磁鋼板(NO)を除き全品種横ばいとしている。NOは200元(30ドル強)値上げしている。

中国の大手高炉の国内向け3月価格が出揃ったことになるが、ホットコイル、酸洗、冷延がいずれも前月据え置きとしている。今年に入ってから先週はホットが若干反転したものの、大半は値下がりを続けている。旧正月を前に各顧客が手当てを終え買い意欲がなくなっているために値上げするのが無理と判断したものとみられる。

しかし、高炉原料価格が鉄鉱石、原料炭とも値上がりしていることなどから値下げすることはできない。据え置きが自然だろう。今後は4月積みが注目されるところだが、原料価格が高水準にあることから鋼材価格を値下げすることは難しい。中国政府はインフラ投資を緩めていないことからむしろ緩やかな値上がりが期待されるとの見方が日本ミル間にはある。
last modified : Thu 25 Feb, 2021 [14:57]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.