原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> April, 2021 >> 19 (Mon)
◇ばら積み不定期船市況は強含み横ばい
=ブラジル鉱17万トン積み中国向け船がトン24.25ドル
[ケープサイズ船]
<西豪州→中国>

◆SEACON社は西豪州で鉄鉱石17万トンを船積みするTBN(船名未定)を中国の青島向けにトン当たり10.85ドル(1日の港湾荷役積み80,000トン/揚げ30.000トン)で決めた。5月4-6日に用船を開始する。

◆BHP社は14日、西豪州のポートヘッドランドで鉄鉱石17万トンを船積みするTBNを青島向けにトン当たり10.75ドル(同80,000トン/30,000トン)で決めた。5月3-5日に用船を開始する。

<ブラジル→中国>
◆オランダの貿易企業トラフィギュラ社はブラジルのツバロンで鉄鉱石17万トンを船積みするFRONTIER・UNITY号(2012年建造)を青島向けにトン当たり24.25ドル(同3日/30,000トン)で決めた。5月15日以降に用船を開始する。同船の積地は西アフリカのオプション付き。同船はパックバルク社からのリレット船。

<ノルウェー→オランダ>
◆米国の穀物企業であるカーギル社はノルウェーのナルビックで鉄鉱石16万トンを船積みするSTELLA・HOPE号(2016年建造)をオランダのエイマイデン、英国のポートタルボットのいずれか向けにトン当たり5.55ドル(港湾荷役積み揚げ通算7日)で決めた。4月18日-5月2日に用船を開始する。同船はRWE社からのリレット船。
data image
last modified : Tue 11 May, 2021 [10:31]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.