原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鋼 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> June, 2021 >> 03 (Thu)
◇日本製鉄、7月以降棒鋼・線材品種をトン5,000円以上値上げ
日本製鉄は2日、棒鋼・線材品種について国内向け(紐付き、店売り)、輸出向けともにトン当たり5,000円以上の追加値上げを行うと明らかにした。

日本製鉄はすでに今年4月で1万円以上の値上げを要請しているが、今回で1.5万円以上の値上げをすることになる。

今回の追加値上げを要請するのは主原料価格の急騰とその他コスト悪化を背景にしている。加えて一部使用している鉄スクラップ価格の急騰、物流費の上昇も足元コストの悪化の要因となっている。今後の動向によっては更なる追加値上げが行われる可能性もある。サプライチェーンにおける公平な負担の分担を要請すべく販売価格への追加反映を決めたもの。

なお、市況品種である普通線材については追加で1万円、累計2.5万円の値上げ要請をすでに開始している。
last modified : Mon 21 Jun, 2021 [11:58]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.