原料・鉄鋼貿易版 Topics < 合金鉄 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> June, 2021 >> 04 (Fri)
◇中国・寧夏自治区の石嘴山市で発電量の制限始まる
=市内204社に具体的削減目標を提示
中国・寧夏回族自治区の石嘴山市政府は2日、2021年の省エネ目標達成に向け、発電量の制限による石炭消費の削減を打ち出した。

同市では、市内の主要なエネルギー使用産業に対して総エネルギー消費の管理目標と課題と、市内204企業に対する削減目標リストを併せて発表。対象の企業にエネルギー消費の具体的な削減目標を提示したことになる。

報道によれば現地ではすでに操業日の調整によってエネルギー消費の削減が進んでおり、週5日操業や4日操業が拡大していたが、今後は週3日操業など更に減少が進む気配だ。

石嘴山市政府は大武口区で40社、恵農区65社、平羅県99社を対象に挙げており、その中には自家発電所のほか大規模火力発電所も複数含まれている。

同市内の合金鉄生産はシリコマンガンとフェロシリコンが多いと言われる。大手鉄鋼ミルによる6月分の購入が始まった中国国内市場では少なからず動揺があった。

今回の発表は『内蒙古モデル』とも呼ばれる省エネ政策が参考にされたと考えられており、中衛市など寧夏自治区内の他の市にも拡大してゆくと予想されている。
( T.斉藤 )
last modified : Tue 22 Jun, 2021 [10:53]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.