原料・鉄鋼貿易版 Topics < 合金鉄 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> July, 2021 >> 08 (Thu)
◇中国国内で高炭素フェロクロムの価格続伸
=内蒙古自治区の主産地で操業制限の影響
中国国内産の高炭素フェロクロム価格は、7月7日現在トン当たりCr60%相当が8,300-8,500元と、前月末に比べ500元高になった。6月に入って上向いて以降、上伸基調が続いている。今の価格は本年4月下旬と同水準まで回復した。

市場関係者は価格続伸の理由として、(1)6月下旬、中国・内蒙古自治区のフェロクロム主要産地である包頭とフフホトで生産者に操業制限が課せられたこと、(2)中国国内でステンレス鋼材の生産が回復しつつあること、(3)輸入クロム鉱石の小売価格が6月上旬から続伸していること、(4)輸入品の高炭素フェロクロム価格も高止まりしていること――などを挙げている。
( T.斉藤 )
last modified : Wed 28 Jul, 2021 [12:35]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.