原料・鉄鋼貿易版 Topics < 鉄鉱石 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> July, 2021 >> 12 (Mon)
◇フェレクスポ社の上期ペレット生産量は285万トン
=還元鉄用ペレットの販路拡大、コンクも継続生産へ
ウクライナで鉄鉱石の採掘、ペレットの生産を手掛けるスイス企業のフェレクスポ社は2021年第2四半期(4-6月)の生産実績をまとめた。それによるとペレットとコンセントレートの商業生産量は293.4万トンとなり、前期比で6%増、前年同期比でも2%増といずれも増加した。

このうちペレット生産量は284.9万トンで、それぞれ5%増、0.8%減となった。前期比増となったのはペレット・プラントに4基あるペレット・ラインのうち、3基目のアップグレードが完了したことによるものだ。

ペレット・ラインの最終的なアップグレード作業は2021年第3四半期(7-9月)に行われる予定で、これによって全体のペレット生産能力は年50-100万トン増加する。

また、4-6月のペレット生産の100%が高品位ペレット(含有鉄分65%と67%)で、前年同期は99%だった。

一方、フェレクスポ社は現在、高炉用ペレットのほかに、還元鉄用ペレット(含有鉄分67%)を開発、2021年上期に最初の還元鉄用ペレットの供給に関する長期契約を締結した。さらに見込みのあるユーザーに対しは試用サンプルで販路を広げていく考え。

また、ペレット・プラントのメンテナンスやアップグレード期間に、コンセントレートを継続して生産するためコンセントレートの貯鉱プロジェクトを進めているが、これに関連して4-6月に高品位コンセントレート85,000トンを生産した。なお、2021年上半期の販売量は560万トンで、前年同期比9%減少した。
last modified : Fri 30 Jul, 2021 [10:40]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.