原料・鉄鋼貿易版 Topics < 合金鉄 > Home
HOME >> Topics 一覧 >> December, 2021 >> 21 (Tue)
◇中国国内、フェロクロム価格は続落
=前月末比でHC-FeCrは5.3-5.4%安、LC-FeCrは12.0-12.1%安
中国国内産のフェロクロム価格は10月前半をピークに下落が続いている。12月20日現在、高炭素フェロクロム(Cr60%相当)はトン当たり8,800-9,000元と11月末に比べ5.3-5.4%安、低炭素フェロクロムは14,500-14,700元と同12.0-12.1%安になっている。本年7月と同じ水準だ。

市場関係者は価格続落の理由として、(1)国内ステンレス鋼ミルが来年3月まで生産制限を受けているため需要に勢いが無いこと、(2)合金鉄生産者はまだコスト割れしていないため堅調な生産を続けていること、(3)高値時に買われた3ヵ月先物の精算期限が近付いたことと、年末に向けた換金売りで生産者とトレーダーの売り意欲が強いこと、(4)夏場に入った南アフリカ産フェロクロムなどの好調な生産で輸入品が供給圧力になっていること――などを挙げている。
( T.斉藤 )
last modified : Fri 14 Jan, 2022 [12:57]
Copyright (C) 2004 The TEX Report Ltd. All Rights Reserved.